2018年に公布された税金免除に関する勅令(第665号)について


  事業者の負担を軽減するため、税金免除に関する歳入法(第665号)が公布され、2018年11月23日以降有効となります。詳細は以下の通りです。

 基準及び条件

1 個人/ 法人 /パートナーシップであること

2 被雇用者200人以下の雇用であること

3 事業年度における免除期間に商品販売及びサービスを合算して100,000,000バーツ以下の総売上であること

4 2018年4月1日から12月31日の間で、被雇用者に支払った1日あたりの賃金から計算される400バーツ以下の部分のみ

5 2018年4月1日の時点で、法律で定められている最低賃金以上の1日あたりの賃金を支払っていること

6 2018年4月1日より前に被雇用者に支払った1日あたりの賃金より高い賃金率で支払うこと(2018年度、最新の最低賃金法が公布された後の賃金上昇)

7 身体障害者や高齢者等、その他勅令による雇用による支出の権利を行使しないこと

 税金の利点

1. 被雇用者に支払った1日あたりでの支出のうち15%部分を所得税免除。

2. 2018年4月1日から12月31日の間で実際に支出した
1日あたりの部分のみ税金を免除する。但し、400バーツ以下の部分のみとする。

 事例 

 A社には150人の被雇用者がいる。日給制の被雇用者が100人いる。1日あたり350バーツの賃金を支払う。2018年4月1日以降に全員の被雇用者の1日あたりの賃金を450バーツに上げた。よって、A社は以下の通り、400バーツ以下の部分のみ、免除できる。

 1.  1日あたりの賃金450バーツ  支出                  450バーツ
 2.  400バーツ以下賃金の部分
   15% 追加免除可能       支出として計算可能な額 400 × 15% = 60バーツ
      合計 雇用者が1日あたりの賃金支出を計算する場合の額         510バーツ

 2018年4月1日以降に雇用者が1日あたりの賃金を上げなかった場合、雇用者が法律に定められている賃金よりも高い賃金を支払ったとしても、本勅令に基づく免税の権利を行使することはできません。

注記 2018年4月1日に公布されたバンコク首都圏及びその郊外の最低賃金は325バーツです。

参照

http://www.mol.go.th/sites/default/files/downloads/prakaaskhnakrrmkaarkhaacchaang_eruueng_atraakhaacchaangkhantam_chbabthii9_0.pdf

 

タイ進出に関するお問い合わせはこちらから。

タイ進出支援スタッフブログはこちら。

タイ進出支援メニュー

カテゴリー

タグ

7月31日 SIMカード タイ タイの国王誕生日 タイの様子 タイ人 タイ人, タイ進出支援 チョンブリ バンコク パスポート プリペイド 事業資産投資額の損金処理に関する勅令 個人情報 個人所得税の人的控除の改正 国境貿易 基礎控除 子供控除 最低賃金改定 本人控除 配偶者控除

月別アーカイブ

朝日ビジネスソリューションについて


タイ・バンコクビジネスコラム


タイのことがマンガ3時間でわかる本
ロープライス¥1.017

プライバシーについて

好評につき増刷決定!
タイでのビジネスを考えている方はぜひご一読を。