2017年06月21日

タイの大学では3年生の時に企業や役所等で研修をする制度があります。(但し学部によってはないところもあり)

期間は大学によって様々です。通常2ヶ月程度ですが、長いところでは1学期中研修するところもあります。

研修先は大学に募集がきたり、自分達で口コミで探したりするようです。

基本研修をして単位がもらえるというわけではないようですが、成績表には研修をパスしたかどうかの項目が記載されるようになっています。

◊♦◊

以前弊社でも2度程研修生の受け入れをしていますが、中には戦力となって働ける子もいて大変助かりました。

また、若くて元気な学生の子が入ってくることで会社の雰囲気も明るくなります。

期間も長いので研修が終わる頃には皆仲良くなっており、別れがたい気持ちになります。

 

◊♦◊

今年も今月15日から会計学部の研修生を2人受け入れていますが、この大学では4ヶ月と長い研修期間となっています。

彼女達が弊社で良い経験と思い出を作り、将来に少しでもプラスになること、そして日本という国に興味を持ってもらえることを願っています。

 

2017年06月20日

 タイに継続して90日以上滞在する外国人は90日毎に居住地を報告する必要があります。

 届出方法は下記のとおり。

 

  • 書留郵便で届出

   郵送先 : 90 Days Report Division, One-Stop Service Center for Visa and Work Permit 

                       18th Floor, Chamchuri Square Building ,319 Phayathai Road, Pathumwan,

                    Bangkok 10330

  • オンラインで届出 (E-mail.com)

                               E-Mail Address: boi.90report.imm1sub3@gmail.com

 

       1)及び2)の方法で届け出る場合、90日目にあたる日の15日前まで(※)に届け出る必要があります。

期限が過ぎた場合、上記方法によって届け出ることはできません。

 ワンストップサービスセンター窓口で直接届け出をする場合、従来どおり90日目にあたる日の15日前

から7日後の間に居住地を届け出ることができます。

 違反があった場合又は上記期間内に実行されなかった場合、従来どおり5,000バーツ以下の罰金が

科せられます。

 上記は2017年5月29日から適用されます。

 

 (※)ワンストップサービスセンターに確認したところ、2017年6月16日時点において「何日前から

届出可能かについては明確に定められていない」とのことでした。

2017年06月19日

2017年4月より、日本国税理士の資格保有者1名が赴任して参りました。

これにより、弊社では日本国公認会計士1名と日本国税理士1名で、タイにいながら日本人が充実した会計事務所として、今まで以上に様々なご相談にお答えできる体制となりました。日本の国際税務や海外に派遣するための駐在員規程についても、日本と連携を取り、様々な事例のもとで情報をご提供していきます。

お気軽にご連絡ください。

2017年06月12日

2017年7月8日(土)より7月11日(火)まで、休業とさせて頂きます。

 

タイ進出に関するお問い合わせはこちらから。

タイ進出支援スタッフブログはこちら。

タイ進出支援メニュー

カテゴリー

タグ

7月31日 SIMカード タイ タイの国王誕生日 タイの様子 タイ人 タイ人, タイ進出支援 チョンブリ バンコク パスポート プリペイド 事業資産投資額の損金処理に関する勅令 個人情報 個人所得税の人的控除の改正 国境貿易 基礎控除 子供控除 最低賃金改定 本人控除 配偶者控除

月別アーカイブ

朝日ビジネスソリューションについて


タイ・バンコクビジネスコラム


タイのことがマンガ3時間でわかる本
ロープライス¥1.017

プライバシーについて

好評につき増刷決定!
タイでのビジネスを考えている方はぜひご一読を。