2016年05月27日

 今年もタイで開催された大阪BOI事務所主催の「タイビジネスミッション」に参加してきました。

去年も参加して、いろいろと勉強させていただきましたので、今回も期待してます。

現在タイ進出企業は激減している中、 進出しようと考えられている企業先の実態調査と 進出が少なくなっていることに対してタイ政府(BOI)政策の現状把握が 今回の参加主目的です。

スワナプーム空港に着き、去年同様プレミアムレーンを通り、 スムーズな入国審査のはずが、3レーンのうち2レーンがシステム障害で閉鎖。

折角のプレミアムが…。

ここはタイです。

少々の事はマイペンライなのです。   つづく

2016年05月25日

 1年前に国際がん研究機関がソーセージやハム、ベーコンなどの加工肉を「身体に良くない」だけでなく「発がん性がある」と発表しましたが、タイで今月「消費者のための基金」がソーセージは健康に害を及ぼす。

との発表がありました。

 チャラード・スー誌が市場のソーセージ15サンプルを検査したところ、なんと14サンプルで保存料に用いられる化学物質である硝酸塩と亜硝酸塩が発見された。

この14サンプルの中で3つが、タイ食品医薬品局が定める基準を超えていた。

両物質を含まないのは、タイ・ジャーマン・ミート・プロダクツが製造する「タイ・ソーセージ」だけだった。

添付された、硝酸塩と亜硝酸塩は食品内のバクテリアの成長を阻害し、肉の元のピンク色を維持するために使われている。

タイでは、両物質の使用自体は認められているが、上限が定めるられている。

いずれにしても、加工肉はほどほどにとのことです。

こんなこと心配していたら、食べるものなくなるけど、???

今日の日経新聞(バンコクポスト)を引用。

2016年05月16日

 週末は、日本語通訳スタッフのゲンちゃんの結婚式に参加するため、カンボジア隣接するサケオ県を訪れました。

車で片道4時間かかるので前日から国境付近の町アランヤプラテートに前泊。

国境に近い事もあり、町に入るやいなや、大きい「VISA RUN」の看板もあったりして、興味深い町です。

外国人にとってはビザランで有名な町ですね。

昔はでこぼこ道のかなりの悪路だったようですが、現在は道もきれいに舗装され、頑張ればアンコール・ワットのあるシェムリアップまで行けそうです。

 

DSC_5002

折角なのでこの町で有名なロンクルア市場もまわることに。

歩いてみると市場のすぐ隣にパスポート・コントロールがありました。

線路近くの、雑多な道路沿いに突然現れる看板。知らなかったらここにパスポート・コントロールがあるとは誰も思わない風情です。

DSC_5005

タイ語・英語・カンボジア語併記の看板。市場内の表示も、ほぼ多言語で書かれていました。

DSC_5006

看板が無かったら、なーんにも無さそうなこの路地の奥がパスポート・コントロールです。

続々とカンボジア人の方たちが入っていきます。

2016年5月、人死にが出るほどのタイの余りの酷暑に、奥まで行く元気はありませんでした・・・。

最新情報をお届けすることが出来なくて申し訳ない。

日本からはるばるやってきた岡山事務所の所長が、市場でその辺の人に「カンボジアに行きたいんだけど」と声をかけてみたら「1,500バーツ」と言われたそうです。

という事は、自力でやれば1,500バーツ以下で行けるのでしょうね。

2016年05月11日

 タイの歳入局より、すべての会社法人に対して、2015年11月3日以降2016年12月31日までに取得した事業資産への支出額を法人税計算上、取得時に100パーセント償却することを認める、との発表がありました。

 毎年利益が出て税金対策で悩まれているお客様については、この規定を利用することで、2016年の最終利益を減らすことができ、節税対策が可能となります。

ただし、この勅令は、細則(歳入局長通達)が出てから適用が開始されますので、通達が出るのを待つ必要があります。

よって、現時点ではまだ申請はできません。

タイ進出に関するお問い合わせはこちらから。

タイ進出支援スタッフブログはこちら。

タイ進出支援メニュー

カテゴリー

タグ

7月31日 SIMカード タイ タイの国王誕生日 タイの様子 タイ人 タイ人, タイ進出支援 チョンブリ バンコク パスポート プリペイド 事業資産投資額の損金処理に関する勅令 個人情報 個人所得税の人的控除の改正 国境貿易 基礎控除 子供控除 最低賃金改定 本人控除 配偶者控除

月別アーカイブ

朝日ビジネスソリューションについて


タイ・バンコクビジネスコラム


タイのことがマンガ3時間でわかる本
ロープライス¥1.017

プライバシーについて

好評につき増刷決定!
タイでのビジネスを考えている方はぜひご一読を。