年次申告業務について


タイでは、日本と異なり、年末調整がありません。

一方で、給与年間報告書や社会保険事務所への年間報告は、日本同様にあります。

それぞれの申告期限は以下の通りです。

皆様忘れないように申告しましょう。

1.KorTor26(申告期限は1月末)

 2018年度の労働保険の概算申告

2.給与源泉徴収表発行(納付期限は2月15日)

 2017年に働いてくれた従業員へ個別の給与源泉徴収表を交付します。

2.Pnd1Kor(申告期限は2月末)

 2017年度(暦年)の1年間の給与支給報告書

3.KorTor20(申告期限は2月末)

 2017年度(暦年)の1年間の社会保険年間報告書と、前年概算で納付した労働保険料の確定申告の2つの意味合いがあります。

4.PND90もしくは91(申告期限は3月末)

 個人所得税の確定申告

 これは、日本のような年末調整がないため、すべての労働者が申告しなければなりません。これを会社が福利厚生の一環のため、申告してあげているところもありますが、ほとんどの会社は個人に任せています。

ただ、もしその個人が申告していなかった場合に、税務署がお金をもっている会社に追徴課税した事件がありました。日本ではありえませんが、タイの税務はルールはあってないようなものなので、ロジカルに考えるだけ無駄だと本当に思います。

節税と脱税の境を必死で検討するよりも、毎年適度に納税し税務署の目につかないようにしておくのが、一番いいと個人的には思います。

タイ進出に関するお問い合わせはこちらから。

タイ進出支援スタッフブログはこちら。

タイ進出支援メニュー

カテゴリー

タグ

7月31日 SIMカード タイ タイの国王誕生日 タイの様子 タイ人 タイ人, タイ進出支援 チョンブリ バンコク パスポート プリペイド 事業資産投資額の損金処理に関する勅令 個人情報 個人所得税の人的控除の改正 国境貿易 基礎控除 子供控除 最低賃金改定 本人控除 配偶者控除

月別アーカイブ

朝日ビジネスソリューションについて


タイ・バンコクビジネスコラム


タイのことがマンガ3時間でわかる本
ロープライス¥1.017

プライバシーについて

好評につき増刷決定!
タイでのビジネスを考えている方はぜひご一読を。